ページ新規作成

新しいページはこちらから投稿できます。

格ゲープレイヤーWiki

データベース

プレイヤー名あ~な行
プレイヤー名は~わ行
海外プレイヤー名
プレイヤー名ゲーム別
2XKO
餓狼伝説CotW
HxHNI
鉄拳8
UNI2
グラブルVSR
MK1
スト6
エヌアインA
ジョジョASBR
DNFDuel
ファントムブレイカーオムニア
MBTL
KOF15
GGST
VFes
アルカナ3XTEND
UNIELclr
スト5CE
グラブルVS
サムスピ
MK11
ブレードアークスR
DOA6
スマブラSP
キャリバー6
ブレードストレンジャーズ
SNKヒロインズ
FEXL
BBTAG
DBFZ
MVCI
MAAB
ウル2
Injustice2
BBCF
電撃FCI
ポッ拳
ニトブラ
鉄拳7
ヤタガラスAC
ブレードアークス
恋姫演武
ウル4
P4U2
Killer Instinct
Skullgirls
UMVC3
AQUAPAZZA
VF5FS
北斗
スマブラDX
ZERO3
3rd
セイヴァー
スパ2X
プロ格闘ゲーマー
JeSU公認プロライセンス
チーム・団体
称号
格ゲー用語
コントローラー
格ゲー向けモニター
ネタ
イベント・大会
ゲーム発売日

ガイドライン

このサイトについて
編集ルール・規約
追加・編集の仕方
要望・お問い合わせ

今日の人気10件

 
週間ランキングを見る

最新の10件

2024-06-14 2024-06-13

 

edit





























































どぐら

どぐら

CNqYL3IUkAAAOsg.png
 
Crazy Raccoon所属。
ギルティギアシリーズを始め様々な格闘ゲームで強豪と認められた古豪として、ストリートファイターシリーズの現役プロ選手として、そしてYoutuber兼ストリーマーとしての多岐に渡る活動で知られる関西の雄。
関西人らしい饒舌さとベテランプレイヤーならではの的確な視点を併せ持つ人物であり、「クソキャラ列伝」を始めとする彼が手掛けたコンテンツは格闘ゲーム界隈の人口拡大に大きく貢献したとされ高く評価されている。

人物像・プレイスタイル等

普段は関西人らしい明るくお喋りな表面が目を引くどぐらであるが、心には格闘ゲーマーらしい闘争心とコミュニティ愛を根ざしている。また、格ゲープレイヤーにはよくあるやや歪な感情や俗な言動を秘し隠す事もせず、ありのままを衆目に伝えることを良しとする本質的には実直な人物である。
 
格闘ゲームを本格的にやり込みだしたきっかけとして、ゲームセンターで遊んだ際に初心者狩りの被害に遭うという不運なエピソードを挙げており、「こいつだけは絶対に倒す」という執念が格闘ゲームにおける上昇志向に繫がっている*1

そのような自身の体験からか初心者・新規プレイヤーに対しては親身になって接する一方で、初心者狩りを始めとした悪質ユーザーには粛清をも辞さない厳しさを胸に秘めている。
 
生粋のゲーセンゲーマーでもあり、学生時代は通学していた高校の近隣にあったゲームセンターへ放課後に通う日々を送っていた。
 
理論派のマルチプレイヤーとしての顔が有名だが、実際はいわゆる「人間性能」では劣っている分を人並み以上にゲームをプレイすることで補ってきた雑草タイプだと本人は語り、若かりし頃のどぐらが格上のプレイヤー相手にがむしゃらに連コインしていたエピソードは数多く語られている。
そう言った努力で積み重ねてきた理論を言語化する能力にも長けており、それが動画投稿者・ストリーマーとしての活躍にもつながっている。
 
ゲームの師匠としてN男がおり、彼の指導の下にデータに基づく攻略と計算されたプレイ、リスク管理の徹底された立ち回りや防御技術を会得している。
 
また、莫大な対戦経験が成せる駆け引きの妙やここ一番を落とさない勝負勘にも定評があり、その絶妙な試合運びは時に「なんか勝つ男」と揶揄されながらもファンを魅了している。
 
キャラ愛に関しては邪悪な人物像のキャラクターに抱く傾向にあり、悪役やダークヒーローに当てはまるキャラクターを好んで使用する。
とりわけ小悪党、咬ませ犬、ダサい設定持ちなどのどこか憎み切れない悪役キャラをこよなく愛し、幽遊白書の柘榴やKOFMIのジヴァートマなどを話題にする機会が多い。
異性のタイプは大人の色気がある女性であり、格ゲーで好きな女性キャラを聞かれた際にはシェルミー(KOF)やザフィーナ(鉄拳)を良く挙げる。また、アンヘル(KOF)に関しては「アンヘルが好きじゃない男なんかいる訳がないから、自分が好きな女性のタイプを聞かれた時にわざわざ答える必要がない」と豪語する。
 
尊敬する格ゲープレイヤーにはウメハラKnee少年の名を挙げることが多い。
 
若い頃はトゲのある発言・やらかしエピソード等も散見されたが、様々な苦労やゲーミングチームの一員としての経験を積み重ね妻子にも恵まれた現在は、プロゲーマー・ストリーマーとしての立場を自覚した人物に成長している。
 
特に2021年度はスト5で競技者・選手として多くの大会で好成績を残す傍ら、Youtubeによる動画投稿に本格的に着手、GGSTで個人主催の大会を運営、その他数多くのコラボレーション企画へ参加するなど多方面での活躍を見せ、「どぐら元年」と評された。

ハンドルネームの由来

どぐらの由来は、「週刊少年ジャンプ」で1991年から1992年にかけて連載されていた作品『魔神冒険譚ランプ・ランプ』(小畑健)の登場キャラクター「ドグラ・マグラ」から。
 
生駒デビルは同一人物。ストリートファイターⅣシリーズをプレイする際にこちらの名前を名乗っていた時期があり、現在でもオンラインID等に使用する事がある。
彼の地元である奈良県生駒市と鉄拳シリーズでメインに使用するデビル仁が由来で、バーチャファイターシリーズなどで良く見られた「地元+キャラ名」という命名の文化に則ったもの。

経歴

格闘ゲーム自体を始めてプレイしたのは、小学生の頃に兄の遊び相手としてプレイさせられた『ストⅡ』等から。

中学生頃に友人と『スマブラDX』や『ギルティギア イグゼクス(以下、GGXX)』を始めとした様々な対戦・格闘ゲームで雑多に遊ぶようになる。
その後にゲームセンターで先行稼働していた当時の最新作『GGXX#RELODE(通称:青リロ)』を遊んでみたいという名目で、奈良のゲームセンター「キャノンショット*2」に通い始める。
 
そこで上述した初心者狩りされる憂き目にあったことをきっかけに、『GGXX#RELODE』の本格的なやり込みを開始。
その初心者狩りを撃退できるまで成長したどぐらは次第にキャノンショットの常連プレイヤー達とも親交を深めるようになり、キャノン勢と共に大型大会「acho-ランキングバトル(通称アチョラン)」に参加するため京都に遠征するようになるなど
学生として通学しながらも本格的に格闘ゲーマーとしての道を歩むようになる。
 
大学を卒業後はラーメン屋に就職。毎日のように開店から閉店まで拘束される激務に耐えながらも終業後は深夜営業しているゲームセンターに通う日々を送っていたが、体力の限界を感じて離職。
それとほぼ同時期にウメハラが日本人初のプロ格闘ゲーマーとなった事が報じられ、ウメハラに触発される形でどぐらもプロ格闘ゲーマーとなる道を模索するように。
 
スト4・GGXrd・ブレイブルーといった幅広いタイトルを並行してやり込みつつ、ニコニコ生放送を用いた個人配信を高頻度で実施するなど積極的な発信活動に勤しむようになる。
スト5発売後は下記するゲーミングチーム「HailMary」を結成し、スポンサー獲得に向けて本格的に活動するように。
そして大阪在住かつBBCFの有力プレイヤーを募集していたCYCLOPS OSAKA athlete gamingと契約を締結する事となり、晴れてプロゲーマーへの道が拓ける事となる。

ギルティギアシリーズ

ギルティギアシリーズの初プレイは上述したようにGGXXの家庭用版からで、当時はファウストやエディを使用していた。
ゲームセンターで初めて触れたGGXX#RELODEで、家庭用版しかなかったGGXXにはいないキャラクターであったロボカイをメインに据えた。
『GGXXスラッシュ(以下、GGXX/)』ではロボカイが大幅に弱体化したため、スレイヤー・ソル・ヴェノムなどを使用していた。
『GGXXアクセントコア(以下、GGXXAC)』ではロボカイが大幅に強化されたため、再びロボカイを使用するように。ロボカイがいわゆるレアキャラであり対策が進みにくかった事も追い風となって快勝を積み重ね、有名プレイヤーへの仲間入りを果たした。
 
ロボカイの強みを活かす直前ガード*3成功率の高さ、サイクバーストへの読み・対策量に定評がある。
闘劇08では師匠のN男・同じく関西勢のえふてとチームを組み、優勝を果たす。
その後は兼ねてよりロボカイのポテンシャルに限界を感じていた*4事もあり、テスタメントやスレイヤーを中心に使用するようになった。
 
AC+R稼働後はメインキャラを本格的にスレイヤーへと移行し、ARC2013本戦出場を果たしている。
 
GGXrd稼働初期はソルを使用。アーケード版のアプデ後からメインキャラをシンに変更。キャラ替えから短期間でアーケード版GGXrdプレイヤーズギルドにてシン全1の17段まで駆け上がり、EVO2015ベスト5やARC2015優勝などの結果を残した。
2015年8月に稼働したGGXrdRにおいてもトッププレイヤーとして君臨し、稼働後初の大規模大会となった京都a-cho GUILTY GEAR 関西ランバト13周年記念大会3on3では準決勝、決勝にて関東勢および関西勢の強豪チームを相手に3タテし、計6タテで見事チームを優勝に導いた。
2016年1月に開催された闘会議2016GGXrdR部門に再びまちゃぼーと共にチームUnusualとして参戦し、2人共負けなしの全勝優勝を果たした。
2016年3月にアメリカアトランタで開催されたFinalRound19に参戦。GG部門は世界的に見て日本勢が強く、また、非常にハイレベルであったJeSPAを制した直後のどぐらが優勝すると思われていたが、本戦前夜祭トーナメントのWF, GFで米国のエルフェルト使いLost Soulに敗れる。
本戦ではLost Soulと対決することなくどぐらが優勝したが、本戦後に7先マネーマッチを行い見事リベンジを果たした。
GGXrdRver.1.10へとアップデートされシンに大幅なマイルド調整がされたことを機に新キャラのレイヴンにメインキャラを変更。

GGSTではザトー、ジオヴァーナ、ハッピーケイオス、ソルなどを使用。また、配信では「(ギルティギアシリーズが思い入れの強いタイトルであることから)本作を盛り上げていきたい」という心境を頻繁に語り、初心者講座を行う・STEAM版でオンライン大会「どぐラン*5」を定期的に開催・運営するなど後進の育成やイベント運営にも尽力している。

ブレイブルーシリーズ

BBCPにおいては最強のアズラエル使い。豪快な戦法を得意とするアズラエルを非常に緻密に操るプレイスタイルに定評がある。
BBCP稼働後、当時新キャラクターだったアズラエルを半年足らずで仕上げ、公式大会「ARC REVOLUTION CUP」にてベスト4まで勝ち上がり、壇上でハザマのコスプレ姿および勝利ポーズ等のパフォーマンスを披露し、エンターテイナーとしての一面も見せた。
特にBBCP1.1での活躍が目覚ましく、同じくBBシリーズのトッププレイヤーであるガリレオとの激闘は国内だけでなく海外からも注目された。
ちなみにBBシリーズ初参戦はCPではなく、CTでν-13を使用していたと本人がTwitter上で語っている。

2015年6月にタイで開催されたSouth East Asia Major 2015に参戦し、GGXrd, BBCPの両部門で二冠を達成した。
2015年6月開催のGODSGARDEN #10の招待枠を懸けた投票(上位2名にベスト8からのシード権+交通費を付与)にエントリーした。結果はGGXrd, BBCP共に惜しくも3位となり出場を断念したが、ギルティギア及びブレイブルー勢からの人気の高さを改めて感じさせる結果となった。

ストリートファイターシリーズ

ストリートファイターⅣ無印から本格的に参戦。以降、シリーズ通して関西最強かつ全一候補のベガ使いとして活躍し続けた。
a.k.a.jojo瞬獄ノイローゼと共にスト4シリーズの3大ベガと呼ばれる。なお、3人の間ではどぐらが最強という見解で一致している。
 
ウル4では初期はロレントを使用していたが、アップデートで大幅に修正が入った事を受けてメインキャラをベガに戻した。しかし、東京ゲームショウに参加した際にネモの操るロレントを見たことで感銘を受け、再びメインをロレントに変更している。
 
もっとも、非常にシビアな目押しコンボ*6が大前提の設計であるスト4のゲーム性はどぐらにとっては肌に合わないものだったらしく、最終的にはBBCFやGGXrdを優先的にプレイするようになっていた。
 
ストリートファイター5ではベガをメインに据えつつも、各シーズンの環境に応じてネカリ、ユリアン、セスなど多様なキャラクターを選択。
特にSFリーグでの活躍が目覚ましく、最終シーズンにて見事優勝を勝ち取った(詳細は下記)。
 
ストリートファイター6では当初はディージェイをメインに使用し、現在はエドをメインとして運用している。
 

チームの傭兵としての活躍

昨今は本人曰く「(以前のような)個人戦のモチベーションはない」と語り個人戦のトーナメント等に参加する機会も多くはないが、その一方で複数人のプレイヤーと協力・団結して勝ちを目指す大会において多大な存在感を放っており、それを象徴するのがカプコンが開催する公式チームリーグ戦「ストリートファイターリーグ(以下SFリーグ)」での活躍である。
 

 SFリーグ2021
 SFリーグ2022
 SFリーグ2023

ドラゴンボールファイターズ

当初は魔人ブウ(純粋)/セル/ベジータ(超サイヤ人)のチームを使用。他には人造人間16号、ブロリー、孫悟空(超サイヤ人)、クウラなども使用した。
DBFZ発売前よりドラゴンボールで最も好きなキャラクターはクウラと公言している。
シーズン1において大きな活躍を見せたプレイヤーの1角であり、同じくCAGのGO1フェンリっちと共に世界各国の大会で好成績を収めた。特に大会の試合では1vs3の逆境に追い込まれてから孫悟空(超サイヤ人)単騎で逆転勝利を収める機会が多く、どぐらのDBFZと言えば孫悟空(超サイヤ人)のイメージが根強い。ゴクウラと揶揄されることもある。

鉄拳シリーズ

いわゆる三島一族を好んで使用し、特にデビル仁をメインとして使用する機会が多い。本格的にプレイし始めたのは鉄拳5から。
 
大会に参加する頻度は少ないが、どぐらは鉄拳のゲーム性やコミュニティの空気感を気に入っており今なお趣味として好んでプレイする様子が見られる。
また、鉄拳7ではランクマッチにて鉄拳神・天*8を踏む、Canada Cup2019の鉄拳7部門を優勝するなど確かな実力も備えている。
尊敬するプレイヤーとして韓国の鉄拳プレイヤー・Kneeの名を挙げる機会が多く、彼をリスペクトする意味でブライアンも好んで使用する。
どぐらのスト6プレイヤーネーム「Ravenda87」は、Kneeが鉄拳シリーズで用いるオンラインネーム「Ravenda85」をもじったものである。

どぐらと関りの深い人物

  • ぎゃす
    どぐらを語るには欠かせない存在。
    長年のパートナーであり、格闘ゲームに入れ込みすぎてやや浮世離れした一面も目立った若かりし頃のどぐらを献身的に支えてきた。恋人というよりは保護者のようだと評判。

    同棲を開始した時期に結婚したという噂が流れ、「ほんまおめでとう」といった冗談なのか本気なのか分かりにくい煽りを受けていた時期がある。

    2017年には晴れてぎゃすと入籍し、同年9月には第一子の女の子を授かった。
    このことをツイッター上で報告した際には、心からの祝福の意味で使われる「ほんまおめでとう」の言葉が吹きあれたのは言うまでもない。
     
  • N男
    どぐらにとって格闘ゲームの師匠にあたる人物であり、データと理論に基づくプレイスタイルをどぐらに叩き込んだ。
    また、どぐらがプロゲーマーという立場を得た現在でも配信などでコラボレーションする機会を設けており、友人としても良好な関係を築いている様子がうかがえる。
     
  • トーマス岡田
    ギルティギア、バーチャファイター、鉄拳などを中心にマルチにプレイしていた関西のプレイヤー。
     
    凄まじく破天荒な人物として、関西のみならず全国規模で悪名高い有名なゲーセンゲーマー。
    いわゆる「トーマス岡田伝説」は枚挙にいとまがなく、どぐらやハイタニを中心に様々な目撃談が語られている。
    が、そのような人物像とは裏腹に、ゲーセンでの対戦に入れ込みすぎて金欠に陥った者に食事を奢ったり下戸のどぐらに酒ハラをしていた者を叱ったりと、意外にも面倒見の良い一面を持つ模様。
     
  • まめスパイダー
    どぐらのストリーマー・Youtuberとしての活動を支える人物。
     
  • GO1
    同じく関西に身を置くプロゲーマーであり、ゲーミングチーム「HailMary」やCYCLOPS athlete gamingなどで長らく共同戦線を張ってきた人物。
    SFリーグ2023出場選手に実施した「一問一答」シリーズにて、「一番仲の良い選手は?」の問いでGO1の名を挙げている。

2014年、BBCPにおけるガリレオとの激闘

 EVO2014
 ARC2014

ARC REVOLUTION CUP 2015

2015年8月開催のARC2015 GGXrd部門 にまちゃぼー, かずのこと共に出場。チーム名“Unusual”は型破りを意味し、どぐらによって命名された。
ブロック戦3試合目では強豪竹原に敗れたまちゃぼーの敗けをどぐらが、どぐらの敗けをかずのこが取り返す見事なチームプレイを披露。
準決勝および決勝では、いずれも先鋒を務めたまちゃぼーの6タテによりどぐら, かずのこの出番はなかったが、大会全体を通して見ると3人共に1敗ずつというお互いが支え合った結果の優勝となった。
優勝者コメントでどぐらは「(まちゃぼーが檀上で6タテしたため)最後の方は何もしていませんが、まちゃぼーが負けても絶対俺が止めるという気持ちでいました。皆が納得して組んだ良いチームで優勝できたので言うことなしです。」とチームの結束力の高さがうかがえるコメントを残した。
表彰式でブレイブルーシリーズプロデューサー森利道氏は、どぐらのARC二連覇に言及し、「次はアークの全作品で優勝してくれると嬉しい」とコメントし、アークシステムワークス製格闘ゲームの盛り上がりに大いに貢献しているどぐらを讃えた。

https://www.4gamer.net/games/232/G023276/20150818052/TN/051.jpg

PS4×GGXrd-闘神激突-

当時の最新機種であった"PS4"とGUILTY GEAR Xrd -SIGN-のコラボレーション企画であり、ギルティギアシリーズで兼ねてより腕を鳴らしてきたプレイヤーが集結した「ギルティギア王者軍」と、チームリーダーのウメハラを筆頭とし国内を代表するプロ格闘ゲーマー達が集結した「プロゲーマー連合軍」が相打つイベント。
本戦前に数回の予選トーナメントが開催され、予選の優勝者には各チームへの参戦権が与えられるというルールが組まれた。
これに伴い、兼ねてよりギルティギアの強豪として名を馳せており、かつ当時プロ志望を公言し意欲を燃やしていたどぐらが「王者軍と連合軍、どちらの陣営につくのか?」を含め大きな注目が集まっていた。

 伝説の(?)PS3事件
 不死鳥どぐら
 本戦での活躍

第1回 日本eスポーツ選手権大会(JeSPA)

2016年3月に開催されたJeSPA 格闘ゲーム部門(GGXrd)当日予選を通過し、大阪, 東京, オンライン, そして当日予選を勝ち抜いた8名が参戦する決勝トーナメントへと進出した。決勝トーナメントではもっちー, ふも, また大阪予選決勝で敗北を喫したDCを相手に盤石な試合運びでWinnersのままGFへと進出、Losersで小川, まちゃぼー,DCといった強豪を破り勝ち上がったふもとの再戦となったGFをも制し、当日予選から無敗で優勝という圧倒的な強さで日本eスポーツ選手権大会格闘ゲーム部門初代王者となった。
後日、複数のメディアでJeSPAの模様や優勝者であるどぐらのインタビューが報道され、アスリートゲーマーたちの熱戦が讃えられた。
https://twitter.com/JeSPAofficial/status/710472205075767296
https://twitter.com/JeSPAofficial/status/709290707089883140
https://twitter.com/JeSPAofficial/status/717657229738946562
https://twitter.com/JeSPAofficial/status/721640669853274116
https://twitter.com/JeSPAofficial/status/723786711084331009

2016年4月に放送されたTokyoMXのテレビ番組eスポーツMaXにてJeSPA GGXrd部門の特集が組まれた。ファイナリストであるどぐら、ふも、そして解説を務めたじょにおが出演して両者の試合を振り返った。
https://twitter.com/JeSPAofficial/status/718038304713809920
https://twitter.com/GC_eSportsMaX/status/718627687326089216

チーム「HailMary(HM)」

2016年4月から、どぐらが中心となって結成されたゲーミングチーム。
チームメイトはどぐらに加え、同じ関西のマルチゲーマーGO1と、平和島とき○荘所属のえいたの3人。
チーム名「Hail Mary(ヘイルメリー)」の由来はアメフト用語のヘイルメリー(お願い)パスから。
結成目的は海外大会への参加や、スポンサードの募集受付等、競技活動の幅を広げるため。
バックアップには関西ゲームコミュニティのまとめ役である梅園氏、キャメイ氏がつく。

EVO2016には「CROSS-UP」、「OPENREC.tv.」、「dB TECHNOLOGY株式会社」のスポンサーロゴを背負って参加。
スト5部門では、観衆1万超、配信同時視聴18万人の壇上決勝にGO1えいたの二名を送り込んだ他、
どぐら自身はGGXrdR部門の日本語実況解説席でその勤めを果たした。
※連絡先:dge.hail.mary@gmail.com

2016年11月、どぐら、GO1が地元関西中心のプロゲーマー団体CYCLOPS OSAKA athlete gamingのスポンサードを受けプロ化を果たす。
活動期間約7カ月でスポンサード獲得という当初の目的を達成し、チームHail Maryは最高の形をもって無期限休止となることが発表された。

プロゲーマー

topic-04624-1.jpg
2016年11月13日にCYCLOPS OSAKA athlete gamingとの独占雇用契約によるプロ化を発表した。
https://twitter.com/maneater_dgr/status/797780486714060800

『CYCLOPS OSAKA athlete gaming』はその名の通り大阪を活動拠点とするeスポーツのプロアスリートチーム。
関西でプロゲーマーを目指すことを公言していたどぐらには待望の契約となった。
チーム名称はのちに『CYCLOPS athlete gaming』に変更されている。

2017年3月2日、Team GRAPHTにCYCLOPS athlete gamingとして所属。

2023年4月6日のCAG定例配信にて、CYCLOPS athlete gamingからの脱退を電撃発表。
脱退の理由についてどぐらは「スト6のブームに合わせてやりたい事があり、チームの制約に縛られず活動したいと感じたため」「自分のワガママを通してもらった」と語っている。

CRカップ

 第1回

 

 第2回

ライブ配信

  • ニコニコ生放送
    co1902322.jpg

    どぐらとぎゃすによる配信「DGRAS」 https://com.nicovideo.jp/community/co1902322
    コミュニティ設立当初は小規模なもので、アクティブ(過去10分以内にコメントした人数を指すニコ生用語)が2を記録していたことを度々リスナーやぎゃすにネタにされたが、後にレベル90・参加人数11,000人越えの人気コミュへと成長している。
    N男えーすけガリレオなどがゲストとしてしばしば配信に顔を出していた。
    メインの配信内容は格闘ゲームだが、メタルギアシリーズ, ブラッドボーン, スプラトゥーンといった人気タイトルをジャンル問わずプレイし、ゲームの他にはカラオケ配信やぎゃすの料理配信などを行いリスナーを楽しませていた。また、関東へ遠征した際は顔TVにゲスト出演することもあった。
     
  • Mildom
    https://www.mildom.com/10623172
    2020年7月1日以降、主にミルダムで配信をしていた。
    2022年6月29日に6月いっぱいでミルダムでの配信を終了することを宣言し、以後は主な配信媒体をTwitchに変更している。
     
  • Twitch
    https://www.twitch.tv/cyclops_dogura
    https://www.twitch.tv/cag_dogura
    上はミルダムへの移行前に使用していたアカウント。
    2022年7月7日から現在に渡り、下の新アカウントを使用している。
     
  • YouTube
    • メインチャンネル『どぐら 生駒デビル』https://www.youtube.com/channel/UCS_rn3TUkwpXCKc-WUtxNMw
      主にはミルダムやTwitchで行った配信の切り抜きや企画動画を投稿している。
       
    • サブチャンネル『どぐらのちょっとええ感じ』
      https://www.youtube.com/channel/UChSdtk_cMCqYEb_55-AfX2g
      タイトルの由来は、幼少期のどぐらが愛聴したテレビ番組「ダウンタウンのごっつええ感じ」のオマージュ。
      メインチャンネルでは採用されなかった、もしくは拾い切れなかった配信の切り抜きを投稿している。
      そのためか、メインチャンネルと比較しても攻めた内容の動画が多い。『ほんまオワってる感じ』と揶揄されることも。
       

どぐらのクソキャラ列伝

再生リスト:https://www.youtube.com/playlist?list=PLkVXXz-Lm6DtE9ivicrZb9MyfUE-M4o5q

2021年3月31日よりスタートした、対戦ゲームに散見された愛すべき「クソキャラ」達を紹介していく動画シリーズ。
 
「クソキャラ」の基準は明確に決まっている訳ではなく、余りにも強すぎた、対戦環境を支配した、即死コンボやハメを始めとする納得性の低い(理不尽な)勝ちパターンを持つ、そのタイトルにおける基本的なゲーム性・駆け引きを否定する(いわゆる「ルール違反」)要素を持つ、シンプルな使い方で対戦相手には厳しい対策を強いる、などの理由で「このキャラ、ほんまにクソ!」と罵りたくなるようなキャラクターであれば幅広く採用している。
また、いわゆる政治・ネガティブキャンペーンの形にはならないよう配慮し、「盛り上がりを見せている最新タイトルや今後バランス調整が入る可能性がある最新バージョン等は採用しない」「先生役として、界隈の顔と言えるプレイヤーを招待する」などといった彼なりの線引きを設けている模様。
 
手探りで開発・調整されていた時期の作品ならではともいえるトンデモな性能を誇るキャラクター達のインパクト、まめスパが手掛ける丁寧な編集、視聴者の共感と笑いを呼ぶどぐららしい軽快なトークが好評なシリーズ。また格闘ゲームにおけるバランス調整の変遷を振り返る歴史書・教材としても優秀な点や、どぐらの交友関係・人脈の広さを活かした多様なゲストの存在も追い風となり、現在の格闘ゲーム界隈における一大動画コンテンツと呼んでも過言ではない。
 
また、「クソキャラ」とは対称的にどうしようもなく弱かった・不憫な存在であったキャラクター達を紹介する「よわキャラ!」シリーズや、実際に使用して対戦でクソさを披露する「クソキャラ実戦編」、最も愛着がある魂のメインキャラクターを紹介する「たまキャラ!」シリーズ、どぐらが予てより趣味として嗜んでいたトレーディングカードゲーム「マジック・ザ・ギャザリング」を扱った「クソカード列伝」など様々なスピンオフも展開している。
 

アレク

 アイムレディ…

どぐらのゲーセン放浪記

ゲームセンターを愛するどぐらが全国のゲームセンターを来訪し、取材するという企画。
 

ザッパアンチ

クソキャラ列伝を始め、格闘ゲームのキャラクターに対するDisり・イジりに定評があるどぐらであるが、そのような話題の中でもどぐらと切っても切れないのがギルティギアのキャラクターであるザッパについてのヘイトスピーチ話題である。
主にはGGXAC+Rにおけるザッパを指す事が多い。
 
理由は様々に挙げられるが、ザッパは基本性能に乱数が絡む*10関係で対策が非常に難しかった点、かつとある全国大会の試合でそれが大きく露となって敗退するという苦い思い出を持つ点、
何よりどぐらがギルティギアシリーズで長らく使用してきたロボカイにとって致命的に相性が悪い*11キャラクターであったため、彼がザッパを憎むのも致し方ない事なのかもしれない。

どぐら式

アーケード版ストリートファイターⅣにおいて、2枚のカードを所有してそれぞれのカードで対戦することでバトルポイント(以下、BP)を盛る、いわゆる自演行為のことである。
過去にどぐらがこの行為に手を染めていた*12様子がネモの目に留まりブログ上で非難されたことで、炎上騒動と化した事がある。
その際に誠意ある対応を求められたどぐらは、カードの戦績を全て削除することで事態は収束。その後は新規に作り直したカード1枚のみを使用してクリーンに対戦し続け、全国ランキングトップクラスのBPを獲得するに至っている。
 
が、この黒歴史及びテクニック(?)は今なお「どぐら式」と呼ばれ彼のファンを中心にネタにされてしまう事がある。

本名

野崎 良

愛称

どぐにゃん 生駒デビル(いこでび) Pちゃん*13 キュベレイ なんか勝つ男

本拠地

大阪府

出身

奈良県

生年

1987年

称号

特別称号「ARCCup2014覇者」(公式全国大会 ARC REVOLUTION CUP 2014 BBCP 優勝)

所属

Hail Mary 2016~2016-11-13
CYCLOPS athlete gaming 2016年11月13日~2023年4月6日
Team Grapht https://gographt.com/ 2017年3月2日~2020年3月
Crazy Raccoon 2023年6月25日~現在

プレイ歴・メインキャラ

ギルティギアシリーズ

GUILTY GEAR XX ΛCORE(ロボカイ→スレイヤー)
GUILTY GEAR XX ΛCORE PLUS R(スレイヤー)
GUILTY GEAR Xrd -SIGN-(ソル、レオ、シン)
GUILTY GEAR Xrd -REVELATOR-(シン、レイヴン)
GUILTY GEAR Xrd REV 2(レイヴン)
GUILTY GEAR -STRIVE-(ザトー、ジオヴァーナ、ハッピーケイオス)

ストリートファイターシリーズ

ストリートファイターIV(ベガ)
スーパーストリートファイターIV(ベガ)
スーパーストリートファイターIV AE(ベガ)
スーパーストリートファイターIV AE2012(ベガ)
ウルトラストリートファイターIV(ロレント)
ストリートファイターV(ベガ→ネカリ→ユリアン)
ストリートファイターV AE(ユリアン、ベガ)
ストリートファイターV CE(ベガ、セス、アレックス)
ストリートファイター6(ディージェイ、ブランカ)

ブレイブルーシリーズ

BLAZBLUE CHRONO PHANTASMA(アズラエル、ハザマ)
BLAZBLUE CHRONO PHANTASMAⅡ(ν-13)
BLAZBLUE CENTRAL FICTION(アズラエル)

鉄拳シリーズ

鉄拳TAGトーナメント2(デビル仁/平八)
鉄拳7(デビル仁、ファーカムラム、平八)
鉄拳8(デビル仁)

その他

ペルソナ4 ジ・アルティメット イン マヨナカアリーナ(里中千枝)
ヴァンパイアセイヴァー(ザベル)
DRAGON BALL FighterZ(魔人ブウ(純粋)/セル/ベジータ(超サイヤ人)、魔人ブウ(純粋)/人造人間16号/孫悟空(超サイヤ人))
GRANBLUE FANTASY Versus(パーシヴァル)

主な戦績

2007年

  • DF2: Dream Fighter's Festival GGXXAC 準優勝 【閉鎖空間】 どぐら(ロボカイ)/N男(ヴェノム)
  • 闘劇07 GGXXAC 本戦出場【ぎぶそんの夏休み】どぐら(ロボカイ)/ギブソン(エディ)/かだ(梅喧)

2008年

  • 闘劇08 GGXX AC 優勝 【きみとぼくの壊れた世界】 えふて(メイ)/N男(ヴェノム)/どぐら(ロボカイ)

2011年

  • ストリートファイターIV5on5「究-kiwami-」 第ニ章 準優勝 【鏖】 金デヴ/ハイタニ/MDR/生駒デビル/えいた
  • 綾野杯 2nd IMPACT -GIANT ATTACK- スパ4AE ベスト4 【かだ一人でいける】 北村/茶会/静岡最強/どぐら/伊勢スト

2012年

  • スパ4AE Ver.2012 全国大会~格闘ひな祭り~前夜祭5on5 優勝 【The World Is Mine】 えいた/キャベツ/金デヴ/どぐら/ハイタニ
  • 闘劇2012 特別予選 ニコニコ超闘劇 スパIVAE2012 準優勝 (ベガ)
  • EVO2012(アメリカ) スパIVAE2012 9位 (ベガ)
  • STARTING OVER -strong grapple- スパ4AE2012 5on5 優勝 【ワンチャン軍団】 ワンチャン太郎/かずのこ/ネモ/にゃん師/どぐら

2013年

  • Mix Up Night #8 スパ4AE2012 準優勝(ベガ、ユン)
  • ”蒼”争奪戦#12 BBCP 3位 【八百一軍団】 N男(レイチェル)/どぐら(アズラエル)/ムリ心中(ジン)
  • Mix Up Night #11 スパ4AE2012 優勝 どぐら/キンドー/総師範KSK
  • 公式全国大会 ARC REVOLUTION CUP あーくれぼ BBCP ベスト4(アズラエル)
  • 公式全国大会 ARC REVOLUTION CUP あーくれぼ GGXXACPR 本戦出場(スレイヤー)
  • Mix Up Night #12 スパ4AE2012 3位(ベガ)
  • ”蒼”争奪戦#15 BBCP 優勝 【ぼくたち壇上だけどここどこ?】 N男(レイチェル)/どぐら(アズラエル)/無理心中(ジン)
  • EVO2013(アメリカ) サイドトーナメント GGXXAC+ 優勝
  • BBCP最強チーム決定戦 ~俺のチームが一番強ぇ!~ 優勝 【Worldgorger】 N男/辻川/ガリレオ/どぐら
  • Mix Up Night #14 GGXXAC+R 準優勝(スレイヤー)
  • Braver’s Revel 2013 BBCP最強タッグ決定戦 ベスト8 【N男とどぐら】 N男(レイチェル)/どぐら(アズラエル)
  • Mix Up Night #15 BBCP 4位(アズラエル)
  • Online GODSGARDEN3 ひろゆき杯 BBCP 第1回大会 4位(アズラエル)

2014年

  • Mix Up Night #17 BBCP 準優勝(アズラエル)
  • PRE ARC REVOLUTION CUP BBCP 3on3部門 準優勝 【名探偵コナン~昇竜の奇術師~】 コナン/キクチヨ/どぐら
  • 第1回 ウル4 レールウェイカップ feat.こくヌキ王国リターンズ 準優勝 【よっさんおこらないで】 ヌキ(春麗)/よっさん(ジュリ)/どぐら(ロレント)
  • EVO2014(アメリカ) BBCP 準優勝(アズラエル)
  • 公式全国大会 ARC REVOLUTION CUP 2014 BBCP 優勝 【鉄板】 どぐら(アズラエル)/N男(レイチェル)

2015年

  • Mix Up Night in 北海道 ウル4 3位(ロレント)
  • Shadowloo Showdown 6(オーストラリア) GGXrd 準優勝(ソル)
  • Shadowloo Showdown 6(オーストラリア) 鉄拳TAG2 7位(デビル仁/平八)
  • Shadowloo Showdown 6(オーストラリア) ウル4 9位(ロレント)
  • Sonic Boom 2015(スペイン) GGXrd 優勝(ソル)
  • Sonic Boom 2015(スペイン) BBCP 優勝(アズラエル)
  • Sonic Boom 2015(スペイン) ウル4 3位(ロレント、ベガ)
  • 究-kiwami-第五章 ウル4 ベスト4 【型破り】 どぐら(RL)/ハイタニ(RU)/飛翔兎(SG)/MDR(RU)/金デヴ(EV)
  • Northwest Majors 7(アメリカ) GGXrd 準優勝 (ソル、レオ)
  • Northwest Majors 7(アメリカ) BBCP 優勝 (アズラエル)
  • Northwest Majors 7(アメリカ) GXXAC+R 優勝 (聖ソル、スレイヤー、テスタメント)
  • KSB2015 ウル4 17位(ロレント)
  • KSB2015 BBCP 13位(アズラエル)
  • Mix Up Night #27 ウル4 3位(ロレント)
  • South East Asia Major 2015 (タイ) GGXrd -SIGN- 優勝 (シン)
  • South East Asia Major 2015 (タイ) BBCP 優勝 (ν-No.13-)
  • EVO2015(アメリカ) 鉄拳7 9位(デビル仁)
  • EVO2015(アメリカ) BBCP 準優勝 (ν-No.13-)
  • EVO2015(アメリカ) GGXrd 5位(シン)
  • 公式全国大会 ARC REVOLUTION CUP 2015 GGXrd 優勝 【Unusual】 どぐら(シン)/まちゃぼー(カイ)/かずのこ(ソル)
  • GUILTY GEAR 関西ランバト13周年記念大会 GGXrdR 3on3 優勝 【飯食いに行くの早ない?】 どぐら(シン)/えふて(メイ)/たぶん(ザトー)
  • Mix Up Night #28 GGXrd 準優勝(シン)
  • CEOtaku(アメリカ) GGXrd 優勝(シン)
  • CEOtaku(アメリカ) BBCPEX 準優勝(ν-13、ジン)
  • CEOtaku(アメリカ) GGXXAC+R 準優勝(ロボカイ)

2016年

  • Mix Up Night #30 GGXrd 優勝(シン)
  • 闘会議GP GUILTY GEAR Xrd -REVELATOR- 早稲田式2on2大会 優勝 【Unusual】 どぐら(シン)/まちゃぼー(カイ)
  • 第1回 日本eスポーツ選手権大会 大阪予選 GGXrd 準優勝(シン)
  • 第1回 日本eスポーツ選手権大会 GGXrd 優勝(シン)
  • Final Round 19(アメリカ) GGXrd 優勝(シン)
  • Mix Up Night #31 スト5 3位(ベガ)
  • Stunfest 2016(フランス) 3rd 3on3 3位【Team JAPAN】 どぐら(ダッドリー)/GO1(ケン)/梅園(春麗)
  • Stunfest 2016(フランス) GGXrd 3on3 3位【HailMary】
  • Stunfest 2016(フランス)BBCP 準優勝(ν-13、ジン)
  • Braver's Revel 2016 BLAZBLUE CENTRALFICTION 最強タッグ決定戦 ベスト4 【サウスタウン】 どぐら(アズラエル)/(イザナミ)
  • KSB2016 GGXrdR 13位(シン)
  • KSB2016 スト5 7位(ベガ)
  • Thaigeruppercut Championship 2016(タイ) スト5 3on3 優勝 【HailMary】 どぐら(ベガ)/えいた(ケン)/GO1(春麗)
  • Thaigeruppercut Championship 2016(タイ) スト5 7位(ベガ)
  • Taiwan Fighter Major 2016(台湾) GGXrdR 優勝(シン)
  • Taiwan Fighter Major 2016(台湾) スト5 3on3 3位 【HailMary】 どぐら(ネカリ)/えいた(ケン)/GO1(春麗)
  • Community Effort Orlando 2016(アメリカ) BBCP 優勝(ν-13、ジン)
  • Community Effort Orlando 2016(アメリカ) GGXrdR 優勝(シン、ジョニー)
  • Community Effort Orlando 2016(アメリカ) スト5 33位(ネカリ)
  • Mix Up Night #32 スト5 準優勝(ネカリ)
  • Mix Up Night #32 GGXrdR 3位(シン)
  • EVO2016(アメリカ) GGXrd 9位(シン)
  • EVO2016(アメリカ) スト5 193位(ネカリ)
  • YOUDEAL LEAGUE GGXrdR 3位(シン)
  • 第6回TOPANGAチャリティーカップ スト5 優勝 【HailxRazer】 エスタ(ガイル)/どぐら(ネカリ)/Xian(ファン)/えいた(ケン)/GO1(春麗)
  • E-Sports Festival HongKong 2016(香港) スト5 7位(ネカリ)
  • 東京ゲームショウ Japan Cup 2016 スト5 17位(ネカリ)
  • South East Asia Major 2016(シンガポール)GGXrdR 優勝(レイヴン)
  • SoCal Regionals 2016(アメリカ) スト5 3on3 7位 【Hail Mary】 GO1/えいた/どぐら
  • SoCal Regionals 2016(アメリカ) GGXrdR 優勝(レイヴン、シン)
  • SoCal Regionals 2016(アメリカ) スト5 13位(ネカリ)
  • 第2期 YOUDEAL LEAGUE GGXrdR 準優勝(レイヴン)

2017年

  • 日本eスポーツリーグ 2016 Winter BBCF 優勝 (アズラエル)
  • Frosty Faustings IX(アメリカ) SF5 7位(ユリアン)
  • Frosty Faustings IX(アメリカ) BBCF 優勝 (アズラエル)
  • Frosty Faustings IX(アメリカ) GGXrdR 優勝(レイヴン、シン)
  • 『第2回日本eスポーツ選手権大会』決勝大会 GGXrdR 7位(レイヴン)
  • Final Round XX(アメリカ) BBCF 優勝(アズラエル)
  • Final Round XX(アメリカ) 鉄拳7 17位(デビル仁)
  • Final Round XX(アメリカ) GGXrdR 優勝(レイヴン、シン)
  • Final Round XX(アメリカ) SF5 33位(ユリアン)
  • Ultimate Fighting Arena(フランス) スト5 17位(ユリアン)
  • NorCal Regionals 2017(アメリカ) SF5 25位(ユリアン)
  • Dreamhack Austin 2017(アメリカ) スト5 9位(ユリアン)
  • Dreamhack Austin 2017(アメリカ) GGXrdR 準優勝(レイヴン、シン)
  • KSB2017 GGXrdR2 3on3 優勝 【おやつカンパニー】 おみと(ジョニー)/T5M7(レオ)/どぐら(レイヴン)
  • KSB2017 スト5 3on3 優勝 【おみそ】 GO1(いぶき)/どぐら(ユリアン)/かずのこ(キャミィ)
  • KSB2017 GGXrdR2 13位(レイヴン)
  • Battle Arena Melbourne 9(オーストラリア) GGXrdR2 優勝(レイヴン)
  • Battle Arena Melbourne 9(オーストラリア) スト5 9位(ユリアン)
  • RAGE Vol.4 ストリートファイターV オフライン予選大会 第3ターム スト5 3位(ユリアン)
  • Combo Breaker 2017(アメリカ) GGXrdR2 優勝(レイヴン)
  • Combo Breaker 2017(アメリカ) BBCF 準優勝(アズラエル)
  • Combo Breaker 2017(アメリカ) スト5 9位(ユリアン)
  • Community Effort Orlando 2017(アメリカ) BBCF 13位(アズラエル)
  • Community Effort Orlando 2017(アメリカ) GGXrdR2 優勝(レイヴン)
  • Community Effort Orlando 2017(アメリカ) スト5 65位(ユリアン)
  • Capcom Pro Tour Online Asia 2 スト5 13位(ユリアン)
  • ThaigerUppercut Championship 2017(タイ) GGXrdR2 準優勝(レイヴン)
  • ThaigerUppercut Championship 2017(タイ) スト5 3位(ユリアン)
  • EVO2017(アメリカ) GGXrdR2 13位(レイヴン)
  • EVO2017(アメリカ) BBCF 49位(アズラエル)
  • EVO2017(アメリカ) スト5 25位(ユリアン)
  • Abuget Cup 2017(インドネシア) GGXrdR2 優勝(レイヴン)
  • Abuget Cup 2017(インドネシア) スト5 4位(ユリアン)
  • Japan Cup 2017 スト5 25位(ユリアン)
  • 日本eスポーツリーグ 2017 Summer BBCF 準優勝(アズラエル)
  • E-Sports Festival Hong Kong 2017(香港) スト5 13位(ユリアン)
  • Capcom Pro Tour Online 2017 Asia Event 4 スト5 3位(ユリアン)
  • Dueling Dragons Dojo(D3)(中国) スト5 9位(ユリアン)
  • TWFighter Major 2017(台湾) GGXrdR2 準優勝(レイヴン)
  • TWFighter Major 2017(台湾) スト5 優勝(ユリアン)
  • Canada Cup 2017(カナダ) BBCF 準優勝(アズラエル)
  • Canada Cup 2017(カナダ) GGXrdR2 優勝(レイヴン)
  • Canada Cup 2017(カナダ) スト5 3on3 準優勝 【Team Japan 3】 どぐら(ユリアン)/GO1(メナト)/ゆかどん(いぶき)/だいこく(バーディー)/sako(豪鬼)
  • Canada Cup 2017(カナダ) スト5 優勝(ユリアン)
  • Red Bull Tower of Pride スト5 ベスト4(ユリアン、ベガ)
  • 第7回 TOPANGAチャリティーカップ スト5 ベスト4 【ヘイルメリー y.k.a GOD】 だいこく(バーディー)/えいた(ケン)/ゆかどん(いぶき)/どぐら(ユリアン)/GO1(メナト)
  • Capcom Cup 2017(アメリカ) スト5 17位(ユリアン)

2018年

  • Mix Up Night #36 スト5AE 優勝(ユリアン)
  • EVO Japan 2018 スト5AE 25位(ユリアン)
  • ストリートファイターV アーケードエディション 闘会議GP大会 9位(ユリアン)
  • ドラゴンボール ファイターズ 超・バトルトーナメント @闘会議2018 ベスト8(人造人間18号/セル/ベジータ(超サイヤ人))
  • Mix Up Night #37 DBFZ 9位(魔人ブウ(純粋)/セル/ベジータ(超サイヤ人))
  • TOKAI BATTLE LOUNGE 15 スト5AE ベスト4 【だいこくプロデュース】 WP|DaikokuGo(バーディー)/Kosaku(ネカリ)/DNG|板橋ザンギエフ(アビゲイル)/CAG|Dogura(ユリアン)/CAG|GO1(メナト)
  • Final Round 2018(アメリカ) スト5AE 9位(ユリアン)
  • Final Round 2018(アメリカ) DBFZ 3位(魔人ブウ(純粋)/セル/ベジータ(超サイヤ人))
  • Thaiger Uppercut 2018(タイ) DBFZ 優勝(魔人ブウ(純粋)/セル/ベジータ(超サイヤ人))
  • Thaiger Uppercut 2018(タイ) スト5AE 9位(ユリアン)
  • KVO x TSB 2018(KSB2018) DBFZ 3位(魔人ブウ(純粋)/セル/ベジータ(超サイヤ人))
  • Stunfest 2018(フランス) スト5AE 9位(ユリアン)
  • Stunfest 2018(フランス) DBFZ 準優勝(魔人ブウ(純粋)/セル/ベジータ(超サイヤ人))
  • Combo Breaker 2018(アメリカ) スト5AE 7位(ユリアン)
  • Combo Breaker 2018(アメリカ) DBFZ 3位(魔人ブウ(純粋)/セル/ベジータ(超サイヤ人)、魔人ブウ(純粋)/セル/人造人間16号)
  • Summit of Power 2018(アメリカ) DBFZ 9位(魔人ブウ(純粋)/セル/人造人間16号)
  • CEO 2018(アメリカ) スト5AE 97位(ユリアン)
  • CEO 2018(アメリカ) DBFZ 4位(魔人ブウ(純粋)/セル/孫悟空(超サイヤ人))
  • ELEAGUE Street Fighter V Invitational 2018(アメリカ) スト5AE 7位(ユリアン)
  • VS Fighting 2018(イギリス) スト5AE 33位(ユリアン)
  • VS Fighting 2018(イギリス) DBFZ 準優勝(魔人ブウ(純粋)/セル/孫悟空(超サイヤ人))
  • EVO2018(アメリカ) スト5AE 33位(ユリアン)
  • EVO2018(アメリカ) DBFZ 9位(魔人ブウ(純粋)/セル/孫悟空(超サイヤ人))
  • TWFighter Major 2018(台湾) スト5AE 9位(ユリアン)
  • TWFighter Major 2018(台湾) DBFZ 4位(ブロリー/人造人間16号/孫悟空(超サイヤ人))
  • E-Sports Festival Hong Kong 2018(香港) スト5AE 13位(ユリアン)
  • Final Fighters China 2018(中国) スト5AE 25位(ユリアン)
  • SoCal Regionals 2018(アメリカ) DBFZ 準優勝(魔人ブウ(純粋)/セル/孫悟空(超サイヤ人)、ブロリー/人造人間16号/孫悟空(超サイヤ人))
  • SoCal Regionals 2018(アメリカ) スト5AE 9位(ユリアン)
  • Canada Cup 2018(カナダ) スト5AE 17位(ユリアン)
  • Canada Cup 2018(カナダ) DBFZ 4位(魔人ブウ(純粋)/人造人間16号/クウラ)
  • Canada Cup 2018(カナダ) GGXrdR2 7位(レイヴン、ソル)
  • DRAGON BALL FighterZ WORLD TOUR SAGA 6 Japan Round DBFZ 7位(魔人ブウ(純粋)/人造人間16号/孫悟空(超サイヤ人))
  • Capcom Cup 2018 Last Chance Qualifier(アメリカ) スト5AE 9位(ユリアン)

2019年

  • Dragon Ball FighterZ World Tour Finals(アメリカ) DBFZ 4位(魔人ブウ(純粋)/人造人間16号/孫悟空(超サイヤ人)、魔人ブウ(純粋)/クウラ/孫悟空(超サイヤ人))
  • EVO Japan 2019 スト5AE 33位(ユリアン)
  • Final Round 2019(アメリカ) DBFZ 3位(魔人ブウ(純粋)/人造人間16号/孫悟空(超サイヤ人)、魔人ブウ(純粋)/クウラ/孫悟空(超サイヤ人))
  • Final Round 2019(アメリカ) スト5AE 49位(ベガ)
  • NorCal Regionals 2019(アメリカ) スト5AE 13位(ベガ)
  • NorCal Regionals 2019(アメリカ) DBFZ 7位(魔人ブウ(純粋)/人造人間16号/孫悟空(超サイヤ人)、魔人ブウ(純粋)/クウラ/孫悟空(超サイヤ人))
  • The MIXUP 2019(フランス) スト5AE 5位(ベガ、ユリアン)
  • Versus Masters 2019(シンガポール) スト5AE 33位(ユリアン)
  • Combo Breaker 2019(アメリカ) スト5AE 17位(ベガ)
  • Taipei Major 2019(台湾) スト5AE 9位(ベガ、ユリアン)
  • CEO 2019(アメリカ) スト5AE 129位(ベガ、ユリアン)
  • CEO 2019(アメリカ) DBFZ 5位(魔人ブウ(純粋)/クウラ/孫悟空(超サイヤ人))
  • Game Over 2019(ドミニカ) スト5AE 3位(ベガ)
  • Game Over 2019(ドミニカ) DBFZ 準優勝(魔人ブウ(純粋)/クウラ/孫悟空(超サイヤ人))
  • Sonic Boom 2019(スペイン) スト5AE 9位(ベガ、ユリアン)
  • VSFighting 2019(イギリス) スト5AE 9位(ベガ)
  • VSFighting 2019(イギリス) DBFZ 9位(魔人ブウ(純粋)/人造人間16号/孫悟空(超サイヤ人)、魔人ブウ(純粋)/クウラ/孫悟空(超サイヤ人))
  • EVO2019(アメリカ) スト5AE 65位(ベガ)
  • EVO2019(アメリカ) DBFZ 13位(孫悟空(超サイヤ人)/魔人ブウ(純粋)/クウラ)
  • Capcom Pro Tour Online: Asia East スト5AE 25位(ベガ)
  • Celtic Throwdown 2019(アイルランド) スト5AE 9位(ベガ、ユリアン)
  • Celtic Throwdown 2019(アイルランド) DBFZ 7位(孫悟空(超サイヤ人)/魔人ブウ(純粋)/クウラ)
  • Capcom Pro Tour 2019 Asia Premiere スト5AE 13位(ベガ)
  • South East Asia Major 2019(シンガポール) スト5AE 7位(ベガ)
  • EGX 2019(イギリス) スト5AE 5位(ベガ)
  • Canada Cup 2019(カナダ) 鉄拳7 優勝(デビル仁)
  • Canada Cup 2019(カナダ) スト5AE 5位(ベガ)
  • Canada Cup 2019(カナダ) スト5AE 5on5 優勝 【Team Japan 2】 キチパーム(ザンギエフ)/ストーム久保(G)/りゅうせい(ユリアン)/どぐら(ベガ)/ときど(豪鬼)
  • Red Bull Dragon Ball FighterZ World Tour Japan DBFZ 7位(孫悟空(超サイヤ人)/魔人ブウ(純粋)/クウラ)
  • Capcom Cup 2019(アメリカ) スト5AE 25位(ベガ)
  • Red Bull Kumite 2019 Last Chance Qualifier スト5CE 4位(ベガ)

2020年

  • EVO Japan 2020 スト5CE 97位(ベガ)
  • TOPANGAチャンピオンシップ スト5CE 6位(ベガ)
  • GBVS出身格ゲー別対抗戦 準優勝 【GUILTY GEAR チームA】 CAG | どぐら(パーシヴァル)/BC | かずのこ(ランスロット)/AMTRS | おみと(ナルメア)
  • GBVS UNITY 3on3 vol.2 グラブルVS 準優勝 【炎帝】 Xeph(パーシヴァル)/どぐら(パーシヴァル)/よしい(パーシヴァル)
  • Tokyo Online Party 3on3 スト5CE ベスト8 【どぐビズム】 ももち(セス)/どぐら(セス)/えいた(セス)
  • RAGE GBVS 2020 Summer powered by AQUOS 129位(パーシヴァル) ※予選2日目に都合により辞退
  • Capcom Pro Tour Online 2020 Asia East 1 スト5CE 97位(ベガ)
  • Capcom Pro Tour Online 2020 Asia East 2 スト5CE 25位(ベガ、セス)
  • 第2期 TOPANGAチャンピオンシップ スト5CE 7位(ベガ)
  • せやなTV第29回 FAV CUP mini スト5CE 5位(ベガ)

2021年

  • ストリートファイターリーグ: Pro-JP 2020 グランドファイナル スト5CE 4位 【フードガイア】 ふ~ど(ポイズン、レインボー・ミカ、バーディー)/どぐら(ベガ、セス)/ぷげら(ポイズン、セス)/Shuto(ユリアン、ベガ)
  • Intel World Open 2021 Street Fighter Open Qualifier #1 Japan スト5CE 33位(ベガ)
  • Intel World Open 2021 Street Fighter Open Qualifier #2 Japan スト5CE 193位(ベガ、セス)
  • Intel World Open 2021 Street Fighter Open Qualifier #3 Japan スト5CE 65位(ベガ)
  • Intel World Open 2021 Street Fighter Open Qualifier #4 Japan スト5CE 13位(ベガ)
  • 第3期 TOPANGAチャンピオンシップ スト5CE 19位(ベガ)
  • 第1回 Esports PROFESSIONAL CHAMPIONSHIPS GGST 準優勝 【CYCLOPS athlete gaming】 GO1(ソル)/どぐら(ザトー)/フェンリっち(ラムレザル)
  • LG UltraGear Fight Night East Asia Bracket スト5CE 5位(セス、ベガ)
  • ストリートファイターリーグ: Pro-JP 2021 プレシーズン大会 スト5CE ベスト32(ベガ)
  • Tokyo Online Party 3on3 6th スト5CE ベスト8 【軍団カワノ】 どぐら(ベガ)/もけ(ラシード)/カワノ(コーリン)
  • CAPCOM Pro Tour 2021 日本大会3 スト5CE 4位(ベガ)

2022年

  • ストリートファイターリーグ: Pro-JP 2021 スト5CE 6位 【名古屋OJA BODY STAR】 あきら(キャミィ)/オニキ(ベガ)/MOV(春麗)/どぐら(ベガ)
  • ストリートファイターリーグ: Pro-JP 2022 開幕戦1on1トーナメント スト5CE ベスト4(ベガ)

2023年

2024年

動画

リンク

関連記事

    *1 その初心者狩りプレイヤーには半年ほどで勝てるようになったとのこと。
    *2 現在は閉店済
    *3 直前ガードに成功すると通常のガードよりもテンションゲージの増加量が多いというメリットがある。ロボカイの場合は他キャラクター以上に増加量が多く、かつゲージを持つ事で技の性能が向上するキャラクターのため直ガ精度の高さが非常に重要なキャラクターだった。
    *4 前作「GGXX/」と比較して大幅な強化を施されたロボカイだが、それでも凄まじい性能のキャラクターが犇めく「GGXXAC」の環境においては決して強いキャラクターとは言えなかった。
    *5 京都のゲームセンター・a-choで開催されていたイベントである「ランキングバトル(通称:アチョラン)をリスペクトしたネーミング。
    *6 「Ⅳ」は昨今のストリートファイターシリーズと異なり、通常技には先行入力が利かないため通常技→通常技のコンボを繋ぐ猶予が極めて短い。かつ、必殺技は先行入力を受け付けるために、コンボミスに対して無敵技やウルトラコンボで割り込む事が容易となっている。これに対してどぐらは「基本コンボですらムズい上にミスることのリスクもデカい、気楽に遊ぶことが許されないゲーム」と否定的な意見を発信する機会がある。
    *7 詳細は下記するが、SFリーグ2023開催時点でどぐらは既にCAGを脱退しており、厳密にはまたもやゲスト(傭兵)という扱いとなる
    *8 上から数えて2番目に高い段位
    *9 打撃・投げのどちらを決めても攻めを継続しにくい、VスキルやVトリガーの性能が全体的に低水準といった理由で、他のキャラクターと比較した際に明確な勝ちパターンに乏しい性能をしていた。
    *10 ザッパは4種類の幽霊を憑依させて使用できる技を変化させながら戦うキャラクターであるが、そのうち3つの幽霊は被ダメージもしくは被ダウン時に自動かつランダムに憑依させるという特色がある。その中でも、切り返しに適した技を持つ「犬」の憑依を被ダウン時に引かれるシーンはかなり危険で、ザッパに起き攻めを仕掛けた側が逆にダウンを奪われ窮地に陥る事となる。
    *11 ザッパの低姿勢でロボカイの主力技である町内カイばーげんやカイ現象が当たりにくい、「犬」や「剣」憑依中に固められると一方的に熱暴走まで追い込まれる等
    *12 なお、不正にランキング入りする事が目的では断じてなく、むしろ格上に積極的に挑んでいたどぐらは実力に見合わず低いポイントとなる事が多く、「(ポイントの増減が)割に合わない」としてどぐらとの対戦に不満を感じる者を気遣うつもりで行ったことと本人は語る。
    *13 主に妻のぎゃすが用いるニックネーム




このページを共有:

プレイヤー人気ページランキング(2024/06/07~2024/06/14)
もっと見る
更新日時:06/14 09:00
ゲームタイトル人気ページランキング(2024/06/07~2024/06/14)
もっと見る
更新日時:06/14 09:00