ページ新規作成

新しいページはこちらから投稿できます。


Nintendo Switch Joy-Con (L) ネオンブルー/ (R) ネオンレッド
Nintendo Switch Joy-Con (L)
ネオンブルー/ (R) ネオンレッド

押切 蓮介 (著)
ハイスコアガール(7) (ビッグガンガンコミックススーパー)
ハイスコアガール(7)

リアルアーケードPro.V HAYABUSA for PS4 PS3 PC 2017年モデル
リアルアーケードPro.V
HAYABUSA
for PS4 PS3 PC
2017年モデル

鉄拳7
鉄拳7
PlayStation 4版

Xbox One版
鉄拳7対応ステック for PS4
鉄拳7対応ステック for PS4

GUILTY GEAR Xrd -SIGN- エルフェルト=ヴァレンタイン 1/7スケール ABS&PVC塗 装済み完成品フィギュア
GUILTY GEAR Xrd -SIGN-
エルフェルト=ヴァレンタイン

PlayStation 4 Pro ジェット・ブラック 1TB (CUH-7000BB01)
PlayStation 4 Pro
ジェット・ブラック 1TB
(CUH-7000BB01)

突撃! となりのプロゲーマーIII
突撃! となりのプロゲーマーIII
くつきかずや(著)

BLAZBLUE CENTRALFICTION PlayStation4版
BLAZBLUE CENTRALFICTION
PlayStation4版

BLAZBLUE CENTRALFICTION 対応スティック for PlayStation4/PlayStation3
BLAZBLUE CENTRALFICTION
対応スティック
for PlayStation4/PlayStation3

ファイティングコマンダー BLAZBLUE CENTRALFICTION Ver.
ファイティングコマンダー
BLAZBLUE CENTRALFICTION Ver.

THE KING OF FIGHTERS XIV PS4版
THE KING OF FIGHTERS XIV
PS4版

【リアルアーケードPro.筐体】THE KING OF FIGHTERS XIV 対応スティック for PlayStation4【PS4/PS3/PC対応】
【リアルアーケードPro.筐体】
THE KING OF FIGHTERS XIV
対応スティック for PlayStation4
【PS4/PS3/PC対応】

ちきりん(著) 梅原大吾(著)
悩みどころと逃げどころ
悩みどころと逃げどころ

GUILTY GEAR Xrd -REVELATOR-
GUILTY GEAR Xrd -REVELATOR-
PlayStation 4版

Limited Box
ストリートファイターV PS4版
ストリートファイターV
PS4版

HOT!パッケージ
ストリートファイター V アーケード ファイトスティック トーナメント エディション 2+
ストリートファイター V
アーケード ファイトスティック
トーナメント エディション 2+
PlayStation3 / PlayStation4

ストリートファイター V アーケード ファイトスティック トーナメント エディション 2+
ストリートファイター V
アーケード ファイトスティック
トーナメント エディション 2+
PlayStation3 / PlayStation4

リアルアーケードPro.Premium VLX HAYABUSA
リアルアーケードPro.
Premium VLX HAYABUSA
PlayStation3 / PlayStation4

ストリートファイター V アーケード ファイトスティック トーナメント エディション S+
ストリートファイター V
アーケード ファイトスティック
トーナメント エディション S+
PlayStation3 / PlayStation4

ポッ拳 POKKÉN TOURNAMENT
ポッ拳 POKKÉN TOURNAMENT
Nintendo Wii U

Wii U ポッ拳 セット
恋姫✝演武
恋姫✝演武
PlayStation 4版

初回限定版
【PS4/PS3/PC対応】リアルアーケードPro.V サイレント HAYABUSA
【PS4/PS3/PC対応】
リアルアーケードPro.V
サイレント HAYABUSA

ストリートファイターV アーケード ファイトスティック TE2 トーナメント エディション 2 春麗 PS3/PS4
ストリートファイターV
アーケード ファイトスティック TE2
トーナメント エディション 2 春麗
PS3/PS4

電撃文庫 FIGHTING CLIMAX IGNITION PS4版
電撃文庫 FIGHTING CLIMAX IGNITION
PS4版

【PS4/PS3/PC対応】ファイティングコマンダー
【PS4/PS3/PC対応】
格闘ゲーム専用ゲームパッド
ファイティングコマンダー

梅原 大吾(著)
1日ひとつだけ、強くなる。世界一プロ・ゲーマーの勝ち続ける64の流儀
1日ひとつだけ、強くなる。
世界一プロ・ゲーマーの勝ち続ける64の流儀

ギルティギア イグザード ラムレザル=ヴァレンタイン
ギルティギア イグザード
ラムレザル=ヴァレンタイン

BenQ 格ゲー向け液晶ディスプレイ27型FHD RL2755HM
EG所属プロ Justin Wong 監修
BenQ 格ゲー向け液晶ディスプレイ27型FHD RL2755HM

DEAD OR ALIVE 5 Last Round
DEAD OR ALIVE 5 Last Round
PS4版

コレクターズエディション
最強パッケージ

DXRACER(DXレーサー)デラックスレーサーオフィス&ゲーミングチェアDXR-BKN(ブラック) DXR-BKN
DXRACER(DXレーサー)デラックスレーサーオフィス&ゲーミングチェアDXR-BKN(ブラック) DXR-BKN

ギルティギア イグザード サイン アーケードファイトスティック トーナメントエディション2
ギルティギア イグザード サイン
アーケードファイトスティック
トーナメントエディション2
PlayStation3/PlayStation4

大乱闘スマッシュブラザーズ for Wii U
大乱闘スマッシュブラザーズ
for Wii U

DEAD OR ALIVE 5 かすみ
DEAD OR ALIVE 5 かすみ

ときど著
東大卒プロゲーマー
東大卒プロゲーマー

BenQ 格ゲー向け液晶ディスプレイ24型FHD RL2460HT
EG所属プロ Justin Wong 監修
BenQ 格ゲー向け液晶ディスプレイ24型FHD RL2460HT

STREET FIGHTER美少女 春麗
STREET FIGHTER美少女 春麗

どぐら

どぐら Edit

CNqYL3IUkAAAOsg.png
 
生駒デビルは同一人物。
アークシステムワークス製の格闘ゲームを中心に様々なゲームで強豪と認められる関西の雄。リスク管理の徹底された立ち回り、ファジーガードや直前ガードを多用した防御精度など、守備的なテクニックに秀でた堅実なプレイスタイルが最大の持ち味。
多くのタイトルで様々な性質のキャラクターを使用しては全国トップレベルに躍り出るセンスが光るマルチゲーマーである。

ギルティギアシリーズにおける最強クラスのロボカイ使いとして有名。
サイクバーストへの読み, 対策量が凄まじく、確定ポイント以外では全くと言っていい程バーストを通さないのが大きな特徴。
最強のヴェノム使いN男とは師弟関係であり、闘劇08では師匠であるN男とチームを組み優勝を果たしている。
AC+R稼働初期はロボカイを使用していたが、飽きを始めとした諸事情から後にメインキャラをスレイヤーに変更し、ARC本戦出場を果たした。
ロボカイ不在のGGXrd稼働初期の使用キャラはソル。家庭用発売後は使用キャラを新キャラのレオに変更したが、厳しい組み合わせが多い等の理由から再び使用キャラをソルに戻した。アーケード版のアプデ後からメインキャラをシンに変更。キャラ替えから短期間でアーケード版GGXrdプレイヤーズギルドにてシン全1の17段まで駆け上がり、EVO2015ベスト5やARC2015優勝などの結果を残した。
2015年8月に稼働したGGXrdRにおいてもトッププレイヤーとして君臨し、稼働後初の大規模大会となった京都a-cho GUILTY GEAR 関西ランバト13周年記念大会3on3では準決勝、決勝にて関東勢および関西勢の強豪チームを相手に3タテし、計6タテで見事チームを優勝に導いた。
2016年1月に開催された闘会議2016GGXrdR部門に再びまちゃぼーと共にチームUnusualとして参戦し、2人共負けなしの全勝優勝を果たした。
2016年3月にアメリカアトランタで開催されたFinalRound19に参戦。GG部門は世界的に見て日本勢が強く、また、非常にハイレベルであったJeSPAを制した直後のどぐらが優勝すると思われていたが、本戦前夜祭トーナメントのWF, GFで米国のエルフェルト使いLost Soulに敗れる。
本戦ではLost Soulと対決することなくどぐらが優勝したが、本戦後に7先マネーマッチを行い見事リベンジを果たした。
FR閉幕後、どぐらはアメリカ勢との対戦を振り返り「米国のレベルもかなり上がっていて今年のEVOも油断はできない」と語った。
GGXrdRver.1.10へとアップデートされシンに大幅なマイルド調整がされたことを機に新キャラのレイヴンにメインキャラを変更。レイヴンのキャラクター設定が後述する不死鳥ネタと噛み合うことやどぐらの容姿がレイヴンと似ている(?)と一部界隈で話題であったこともあって大きな反響を呼び、今後の活躍に注目が集まっている。

BBCPにおいては最強のアズラエル使い。豪快なバトルスタイルのアズラエルを非常に緻密に操るプレイスタイルに定評がある。
BBCP稼働後、新キャラのアズラエルを半年足らずで仕上げ、公式大会「ARC REVOLUTION CUP」にてベスト4まで勝ち上がり、壇上でハザマのコスプレ姿および勝利ポーズ等のパフォーマンスを披露し、エンターテイナーとしての一面も見せた。
特にBBCP1.1での活躍が目覚ましく、同じくBBシリーズのトッププレイヤーであるガリレオとの激闘は国内だけでなく海外からも注目された。
ちなみにBBシリーズ初参戦はCPではなく、CTでν-13を使用していたと本人がTwitter上で語っている。

2015年6月にタイで開催されたSouth East Asia Major 2015に参戦し、GGXrd, BBCPの両部門で二冠を達成した。
2015年6月開催のGODSGARDEN #10の招待枠を懸けた投票(上位2名にベスト8からのシード権+交通費を付与)にエントリーした。結果はGGXrd, BBCP共に惜しくも3位となり出場を断念したが、ギルティギア及びブレイブルー勢からの人気の高さを改めて感じさせる結果となった。

スト4シリーズでは関西最強かつ全一候補のベガ使い。
a.k.a.jojo瞬獄ノイローゼと共に3大ベガと呼ばれる。なお、3人の間ではどぐらが最強という見解で一致している。
2枚のカードをつかってBPを上げるアケ専門の自演テクニック「どぐら式」の使い手。
その様子がネモの目に留まり、ブログ上で糾弾されたことを受けてカードを一度削除したという黒歴史を持つ。
ウル4では初期はロレントを使用していたが、アップデートで大幅に修正が入った事を受けてメインキャラをベガに戻した。しかし、東京ゲームショウに参加した際にネモの操るロレントを見たことで感銘を受け、再びメインをロレントに変更している。

MixUpNightなどの大会では実況解説を務めることも多く、一流プレイヤーとしての確かな視点は評価が高く人気がある。
どぐら実況のファンであるなるおは特徴を捉えた真似も披露している。

SNSでは自分の見解や格ゲー理論を積極的に発信するプレイヤーで、Twitter上でのどぐらの名言を呟く「どぐらbot」まで作成された。

EVO2014ARC REVOLUTION CUP 2014 Edit

2014年7月に開催されたEVO2014に参戦。EVOへの参加は3度目となり、今回はムラタ漢方の支援を受け、同社の格闘ゲーム応援ドリンク「ムラタ式最大反撃」のTシャツを着用して大会に挑んだ。
優勝候補筆頭とされたBBCP部門では前評判通りの快進撃でWinnersのまま決勝まで駒を進めた。GrandFinalはWinnersFinalにて破ったガリレオがLosers戦を勝ち上がり、どぐらvsガリレオという関西勢同士の決勝となった。1セット分のアドバンテージがある中で優位に試合を進めるが、ガリレオの凄まじい粘りの前にあと一歩を届かせることならず敗北した。「準優勝が一番悔しい」と語るどぐらは初めて大舞台にて涙を流す姿を見せるも、その強さと白熱した名勝負に対し多くの観戦者は賛辞の言葉を送った。

その後、ARC2014 BBCP部門ではN男とチームを組み出場。優勝予想アンケート1位という注目度No.1のチームであった。
決勝では因縁の相手とも言えるガリレオこがたん。のチーム「パナしていいとも!」が対戦相手となり、大将戦のガリレオ戦では終始安定した試合運びで勝利し見事優勝を果たす。まさに、チーム名「鉄板」の名の通り、貫禄の勝利となった。

ARC REVOLUTION CUP 2015 Edit

2015年8月開催のARC2015 GGXrd部門 にまちゃぼー, かずのこと共に出場。チーム名“Unusual”は型破りを意味し、どぐらによって命名された。
ブロック戦3試合目では強豪竹原に敗れたまちゃぼーの敗けをどぐらが、どぐらの敗けをかずのこが取り返す見事なチームプレイを披露。
準決勝および決勝では、いずれも先鋒を務めたまちゃぼーの6タテによりどぐら, かずのこの出番はなかったが、大会全体を通して見ると3人共に1敗ずつというお互いが支え合った結果の優勝となった。
優勝者コメントでどぐらは「(まちゃぼーが檀上で6タテしたため)最後の方は何もしていませんが、まちゃぼーが負けても絶対俺が止めるという気持ちでいました。皆が納得して組んだ良いチームで優勝できたので言うことなしです。」とチームの結束力の高さが伺えるコメントを残した。
表彰式でブレイブルーシリーズプロデューサー森利道氏は、どぐらのARC二連覇に言及し、「次はアークの全作品で優勝してくれると嬉しい」とコメントし、アークシステムワークス製格闘ゲームの盛り上がりに大いに貢献しているどぐらを讃えた。
http://www.4gamer.net/games/232/G023276/20150818052/TN/051.jpg

闘神激突 Edit

2015年7月11日、“PS4版” GUILTY GEAR Xrd -SIGN-を用いた大会「闘神激突」のオンライン予選にて不戦敗となる。
闘神激突公式ブログではSEAM2015を制した強豪プレイヤーとして紹介され、ウメハラが「(プロゲーマー連合軍に欲しいプレイヤーの)第一希望はどぐら」と発言するなど、絶大な期待を寄せられていたため、この衝撃的な不戦敗の報せに予選配信コメントはどぐらの話題一色となった。
どぐらは予選開始前に予選模様の配信を始めたが、開始時刻を過ぎても予選会場ルームが見つからず運営に連絡を取りながら原因を探っている最中、規約で明文化(そもそもこの企画の正式名称がPS4×GGXrd-闘神激突-)されていた“PS4版”限定の本予選にて“PS3版”で参加していたことが発覚。PS4版での対戦環境を整える時間も無かったため運営に辞意を伝え、そのまま不戦敗となった。
余談だが、この事件と同時に自身のTwitterのフォロワー数一万人超えを達成している。
後日、ウメハラインタビューにて「かなりおもしろいことをやってくれるな、と。まあ、彼の復活を期待していますよ(笑)」とコメントした。

その後もオンライン予選に参加し続けたが結果は振るわず、最終予選となった第5回オンライン予選でも敗退してしまう。しかし予選終了後、EVO2015代表枠(どぐらは5位、1,2,4位は既に参戦決定、3位は辞退)を賭けた同順位のりおんとの3先マッチが行われることになる。
序盤は苦戦していたものの辛くも2-2まで持ち込み、第5試合ではシン最大の持ち味である高火力コンボでりおんを圧倒し、3先マッチを制してEVO2015代表枠での闘神激突本戦出場権を勝ち取った。
仮定の話ではあるが、EVO3位のヲシゲが辞退をしない、またはりおんに敗北してEVO2015枠を逃した場合でも、どぐらはARC2015優勝者としてギルティギア王者軍側で参戦していたことになる。この様を闘神激突運営委員パチから「まるで不死鳥のよう」と形容された。

本戦ではARC2015準優勝者かりんちゅが対戦相手となるが、かりんちゅの凄まじいシン対策の前に為す術なく完敗。試合後のインタビューでは「試合について何も言うことはありません。ただ、こんな素晴らしいイベントに参加できて本当に嬉しかったです。」と語った。

第1回 日本eスポーツ選手権大会(JeSPA) Edit

2016年3月に開催されたJeSPA 格闘ゲーム部門(GGXrd)当日予選を通過し、大阪, 東京, オンライン, そして当日予選を勝ち抜いた8名が参戦する決勝トーナメントへと進出した。決勝トーナメントではもっちー, ふも, また大阪予選決勝で敗北を喫したDCを相手に盤石な試合運びでWinnersのままGFへと進出、Losersで小川, まちゃぼー,DCといった強豪を破り勝ち上がったふもとの再戦となったGFをも制し、当日予選から無敗で優勝という圧倒的な強さで日本eスポーツ選手権大会格闘ゲーム部門初代王者となった。
後日、複数のメディアでJeSPAの模様や優勝者であるどぐらのインタビューが報道され、アスリートゲーマーたちの熱戦が讃えられた。
https://pbs.twimg.com/media/CdgkUGOW8AAKdvN.jpg
https://twitter.com/JeSPAofficial/status/710472205075767296
https://twitter.com/JeSPAofficial/status/709290707089883140
https://twitter.com/JeSPAofficial/status/717657229738946562
https://twitter.com/JeSPAofficial/status/721640669853274116
https://twitter.com/JeSPAofficial/status/723786711084331009

2016年4月に放送されたTokyoMXのテレビ番組eスポーツMaXにてJeSPA GGXrd部門の特集が組まれた。ファイナリストであるどぐら、ふも、そして解説を務めたじょにおが出演して両者の試合を振り返った。
https://twitter.com/JeSPAofficial/status/718038304713809920
https://twitter.com/GC_eSportsMaX/status/718627687326089216

チーム「HailMary(HM)」 Edit

2016年4月から、どぐらが中心となって結成されたゲーミングチーム。
チームメイトはどぐらに加え、同じ関西のマルチゲーマーGO1と、平和島とき○荘所属のえいたの3人。
チーム名「Hail Mary(ヘイルメリー)」の由来はアメフト用語のヘイルメリー(お願い)パスから。
結成目的は海外大会への参加や、スポンサードの募集受付等、競技活動の幅を広げるため。
バックアップには関西ゲームコミュニティのまとめ役である梅園氏、キャメイ氏がつく。

EVO2016には「CROSS-UP」、「OPENREC.tv.」、「dB TECHNOLOGY株式会社」のスポンサーロゴを背負って参加。
スト5部門では、観衆1万超、配信同時視聴18万人の壇上決勝にGO1えいたの二名を送り込んだ他、
どぐら自身はGGXrdR部門の日本語実況解説席でその勤めを果たした。
※連絡先:dge.hail.mary@gmail.com

2016年11月、どぐらGO1が地元関西中心のプロゲーマー団体CYCLOPS OSAKA athlete gamingのスポンサードを受けプロ化を果たす。
活動期間約7カ月でスポンサード獲得という当初の目的を達成し、チームHail MaryはCC終了時点で無期限休止となることが発表された。

プロゲーマー Edit

topic-04624-1.jpg
2016年11月13日にCYCLOPS OSAKA athlete gamingとの独占雇用契約によるプロ化を発表した。
https://twitter.com/maneater_dgr/status/797780486714060800
160916-dsc_5089.jpg
『CYCLOPS OSAKA athlete gaming』はその名の通り大阪を活動拠点とするeスポーツのプロアスリートチーム。
関西でプロゲーマーを目指すことを公言していたどぐらには待望の契約となった。

ニコニコ生放送 Edit

co1902322.jpg
どぐらぎゃすによる配信「DGRAS」 http://com.nicovideo.jp/community/co1902322
コミュニティ設立当初は小規模なもので、アクティブ(過去10分以内にコメントした人数を指すニコ生用語)が2を記録していたことを度々リスナーやぎゃすにネタにされるが、現時点(2015年9月)ではレベル90・参加人数11,000人越えの人気コミュへと成長した。
N男えーすけガリレオなどがゲストとしてしばしば配信に顔を出している。
メインの配信内容は格闘ゲームだが、メタルギアシリーズ, ブラッドボーン, スプラトゥーンといった人気タイトルをジャンル問わずプレイし、ゲームの他にはカラオケ配信やぎゃすの料理配信などを行いリスナーを楽しませている。また、関東へ遠征した際は顔TVにゲスト出演することもある。

愛称 Edit

どぐにゃん 生駒デビル Pちゃん キュベレイ 復活の「D」 深淵のどぐら ふかぶち PS3部門覇者 関西の不死鳥

本拠地 Edit

大阪府

出身 Edit

奈良県

生年 Edit

1987年

称号 Edit

特別称号「ARCCup2014覇者」(公式全国大会 ARC REVOLUTION CUP 2014 BBCP 優勝)

所属 Edit

CYCLOPS OSAKA athlete gaming 2016年11月13日~

プレイ歴・メインキャラ Edit

GUILTY GEAR XX ΛCORE(ロボカイ→スレイヤー)
GUILTY GEAR XX ΛCORE PLUS R(スレイヤー)
GUILTY GEAR Xrd -SIGN-(ソル、レオ、シン)
GUILTY GEAR Xrd -REVELATOR-(シン、レイヴン)
ストリートファイターIV(ベガ)
スーパーストリートファイターIV(ベガ)
スーパーストリートファイターIV AE(ベガ)
スーパーストリートファイターIV AE2012(ベガ)
ウルトラストリートファイターIV(ロレント)
ストリートファイターV(ベガ、ネカリ)
ペルソナ4 ジ・アルティメット イン マヨナカアリーナ(里中千枝)
ヴァンパイアセイヴァー(ザベル)
鉄拳TAGトーナメント2(デビル仁/平八)
BLAZBLUE CHRONO PHANTASMA(アズラエル、ハザマ)
BLAZBLUE CHRONO PHANTASMAⅡ(ν-13)
BLAZBLUE CENTRAL FICTION(アズラエル)

主な戦績 Edit

2007年 Edit

  • DF2: Dream Fighter's Festival GGXXAC 準優勝 【閉鎖空間】 どぐら(ロボカイ)/N男(ヴェノム)

2008年 Edit

  • 闘劇08 GGXX AC 優勝 【きみとぼくの壊れた世界】 えふて(メイ)/N男(ヴェノム)/どぐら(ロボカイ)

2011年 Edit

2012年 Edit

2013年 Edit

2014年 Edit

2015年 Edit

  • Mix Up Night in 北海道 ウル4 3位(ロレント)
  • Shadowloo Showdown 6(オーストラリア) GGXrd 準優勝(ソル)
  • Shadowloo Showdown 6(オーストラリア) 鉄拳TAG2 7位(デビル仁/平八)
  • Shadowloo Showdown 6(オーストラリア) ウル4 9位(ロレント)
  • Sonic Boom 2015(スペイン) GGXrd 優勝(ソル)
  • Sonic Boom 2015(スペイン) BBCP 優勝(アズラエル)
  • Sonic Boom 2015(スペイン) ウル4 3位(ロレント、ベガ)
  • 究-kiwami-第五章 ウル4 ベスト4 【型破り】 どぐら(RL)/ハイタニ(RU)/飛翔兎(SG)/MDR(RU)/金デヴ(EV)
  • Northwest Majors 7(アメリカ) GGXrd 準優勝 (ソル、レオ)
  • Northwest Majors 7(アメリカ) BBCP 優勝 (アズラエル)
  • Northwest Majors 7(アメリカ) GXXAC+R 優勝 (聖ソル、スレイヤー、テスタメント)
  • KSB2015 ウル4 17位(ロレント)
  • KSB2015 BBCP 13位(アズラエル)
  • Mix Up Night #27 ウル4 3位(ロレント)
  • South East Asia Major 2015 (タイ) GGXrd -SIGN- 優勝 (シン)
  • South East Asia Major 2015 (タイ) BBCP 優勝 (ν-No.13-)
  • EVO2015(アメリカ) 鉄拳7 9位(デビル仁)
  • EVO2015(アメリカ) BBCP 準優勝 (ν-No.13-)
  • EVO2015(アメリカ) GGXrd 5位(シン)
  • 公式全国大会 ARC REVOLUTION CUP 2015 GGXrd 優勝 【Unusual】 どぐら(シン)/まちゃぼー(カイ)/かずのこ(ソル)
  • GUILTY GEAR 関西ランバト13周年記念大会 GGXrdR 3on3 優勝 【飯食いに行くの早ない?】 どぐら(シン)/えふて(メイ)/たぶん(ザトー)
  • Mix Up Night #28 GGXrd 準優勝(シン)
  • CEOtaku(アメリカ) GGXrd 優勝(シン)
  • CEOtaku(アメリカ) BBCPEX 準優勝(ν-13、ジン)
  • CEOtaku(アメリカ) GGXXAC+R 準優勝(ロボカイ)

2016年 Edit

  • Mix Up Night #30 GGXrd 優勝(シン)
  • 闘会議GP GUILTY GEAR Xrd -REVELATOR- 早稲田式2on2大会 優勝 【Unusual】 どぐら(シン)/まちゃぼー(カイ)
  • 第1回 日本eスポーツ選手権大会 大阪予選 GGXrd 準優勝(シン)
  • 第1回 日本eスポーツ選手権大会 GGXrd 優勝(シン)
  • Final Round 19(アメリカ) GGXrd 優勝(シン)
  • Mix Up Night #31 スト5 3位(ベガ)
  • Stunfest 2016(フランス) 3rd 3on3 3位【Team JAPAN】 どぐら(ダッドリー)/GO1(ケン)/梅園(春麗)
  • Stunfest 2016(フランス) GGXrd 3on3 3位【HailMary】
  • Stunfest 2016(フランス)BBCP 準優勝(ν-13、ジン)
  • Braver's Revel 2016 BLAZBLUE CENTRALFICTION 最強タッグ決定戦 ベスト4 【サウスタウン】 どぐら(アズラエル)/(イザナミ)
  • KSB2016 GGXrdR 13位(シン)
  • KSB2016 スト5 7位(ベガ)
  • Thaigeruppercut Championship 2016(タイ) スト5 3on3 優勝 【HailMary】 どぐら(ベガ)/えいた(ケン)/GO1(春麗)
  • Thaigeruppercut Championship 2016(タイ) スト5 7位(ベガ)
  • Taiwan Fighter Major 2016(台湾) GGXrdR 優勝(シン)
  • Taiwan Fighter Major 2016(台湾) スト5 3on3 3位 【HailMary】 どぐら(ネカリ)/えいた(ケン)/GO1(春麗)
  • Community Effort Orlando 2016(アメリカ) BBCP 優勝(ν-13、ジン)
  • Community Effort Orlando 2016(アメリカ) GGXrdR 優勝(シン、ジョニー)
  • Community Effort Orlando 2016(アメリカ) スト5 33位(ネカリ)
  • Mix Up Night #32 スト5 準優勝(ネカリ)
  • Mix Up Night #32 GGXrdR 3位(シン)
  • EVO2016(アメリカ) GGXrd 9位(シン)
  • EVO2016(アメリカ) スト5 193位(ネカリ)
  • YOUDEAL LEAGUE GGXrdR 3位(シン)
  • 第6回TOPANGAチャリティーカップ スト5 優勝 【HailxRazer】 エスタ(ガイル)/どぐら(ネカリ)/Xian(ファン)/えいた(ケン)/GO1(春麗)
  • E-Sports Festival HongKong 2016(香港) スト5 7位(ネカリ)
  • 東京ゲームショウ Japan Cup 2016 スト5 17位(ネカリ)
  • South East Asia Major 2016(シンガポール)GGXrdR 優勝(レイヴン)
  • SoCal Regionals 2016(アメリカ) スト5 3on3 7位 【Hail Mary】 GO1/えいた/どぐら
  • SoCal Regionals 2016(アメリカ) GGXrdR 優勝(レイヴン、シン)
  • SoCal Regionals 2016(アメリカ) スト5 13位(ネカリ)
  • 第2期 YOUDEAL LEAGUE GGXrdR 準優勝(レイヴン)

2017年 Edit

  • Frosty Faustings IX(アメリカ) BBCF 優勝 (アズラエル)
  • Frosty Faustings IX(アメリカ) GGXrdR 優勝(レイヴン、シン)

動画 Edit

リンク Edit

関連記事 Edit





このページを共有:

このページのURL:

Amazonゲームのベストセラー
Amazonアニメのベストセラー
Amazonホビーのベストセラー
プレイヤー人気ページランキング(2017-02-19~2017-02-26)
  • 更新日時:02/26 15:00